2020年09月30日

眞徳寺開基 證榮和尚御祥月

本日は眞徳寺開基 證榮和尚御祥月でした。

IMG_7852.jpeg


今日、西美濃地区の住職がお参りに来られ、
このような古文書が見つかりましたと言われて持参されましたので早速拝見致しました。

濃州平尾眞徳寺触下坊主中 門徒中ヘ申渡シ
一眞徳寺義ハ證如様御代西美濃惣坊主門徒依願御致置被仰下各馳走申奉リ候(後略)

本日の證榮和尚は、寺伝によるとこの西美濃の門徒から本山に
連枝住職をお迎えしたとの願いが上がり、證如上人より證榮和尚に
西美濃へ下がるよう思召があり
眞徳寺を開基することになったとあります。

この、古文書はそれを立証しているような気が致します。
大谷本願寺系譜や大谷嫡流實記等々には以下の表記があります、
(略系図)
G蓮如──順如(光善寺)
   ├─女子
   ├─蓮乗(瑞泉寺・本泉寺)
   ├─女子
   ├─蓮秀(松岡寺)
   ├─女子
   ├─蓮誓(光教寺)
   ├─H實如─────照如
   ├─女子    ├圓如───────────I證如
   ├─女子    └實玄
   ├─女子   ┌─實淳(顯證寺)
   ├─蓮淳────├─實惠(願證寺)─────證惠(願證寺)
   ├─女子   └─實照       ├─證榮(眞徳寺開基)
   ├─女子              └─延深(惠光寺)
   ├─蓮悟(本泉寺)
   ├(以下略)
   
posted by choko at 20:06| 日記

2020年09月29日

今から446年前

今から446年前というと天正2年です。

天正2年の今日は、
勢州長島の願證寺が織田信長との8年間の戦の末
信長は伊勢の九鬼水軍と共に願證寺に攻め入り
ついに願證寺は落城断絶。

数名の坊官女官によって九死に一生を得て
乳飲み子であった榮壽和尚が助け出された日です。

願證寺5世賢固院殿顯忍律師(壽算14才)が戦死された日でもあり、
本日は兼日中でしたが、早朝よりご門徒の枕経の依頼があり、
晨朝兼日中は不参となりました。
posted by choko at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月27日

神無月の法要

神無月の法要

10月 1日
午後 2時 眞如上人御祥月逮夜法要
      正信偈   行四句目下
      念佛讃   淘五
      和 讃   回り口      次第六首
      五遍反
      回 向   世尊我一心

10月 2日 
午前 7時 眞如上人御祥月兼日中法要
      正信偈   草四句目下
      念佛讃   淘五
      和 讃   回り口      次第六首
      五遍反
      回 向   願以此功徳
      百遍念佛

10月 4日  
午後 2時 教如上人御祥月逮夜法要
      正信偈   行四句目下
      念佛讃   淘五
      和 讃   回り口      次第六首
      五遍反
      回 向   世尊我一心

10月 5日 
午前 7時 教如上人御祥月兼日中法要
      正信偈   草四句目下
      念佛讃   淘五
      和 讃   回り口      次第六首
      五遍反
      回 向   願以此功徳
      百遍念佛

10月13日   
午後 2時 巧如上人御祥月逮夜法要
      正信偈   行四句目下
      念佛讃   淘五
      和 讃   回り口      次第六首
      回 向   世尊我一心

10月14日
午前 7時 巧如上人御祥月兼日中法要
      正信偈   草四句目下
      念佛讃   淘五
      和 讃   回り口      次第六首
      五遍反
      回 向   願以此功徳
      百遍念佛

10月17日   
午後 2時 遍照院殿御祥月逮夜法要
      正信偈   行四句目下
      念佛讃   淘五三
      和 讃   回り口      次第六首
      五遍反
      回 向   世尊我一心

10月18日 
午前 7時 遍照院殿御祥月兼日中法要
      正信偈   草四句目下
      念佛讃   淘五三
      和 讃   回り口      次第六首
      五遍反
      回 向   願以此功徳
      百遍念佛

10月18日   
午後 2時 廣宣院殿御祥月逮夜法要
      正信偈   行四句目下
      念佛讃   淘五三
      和 讃   回り口      次第六首
      回 向   世尊我一心

10月19日 
午前 7時 廣宣院殿御祥月兼日中法要
      正信偈   草四句目下
      念佛讃   淘五三
      和 讃   回り口      次第六首
      五遍反
      回 向   願以此功徳
      百遍念佛

10月22日   
午後 2時 遊林院様御祥月逮夜法要
     正信偈   行四句目下
     念佛讃   淘五
     和 讃   回り口       次第六首
     回 向   世尊我一心

10月23日 
午前 7時 遊林院様御祥月兼日中法要
     正信偈   草四句目下
     念佛讃   淘五三
     和 讃   回り口       次第六首
     回 向   願以此功徳
     百遍念佛

午後 2時 前住上人御命日逮夜法要兼顕如上人御祥月逮夜法要
     正信偈   眞四句目下
     念佛讃   淘八
     和 讃   回り口      次第六首
     五遍反
     回 向   我説彼尊功徳事

10月24日
午前 7時 前住上人御命日晨朝法要兼顕如上人御祥月逮夜法要
     正信偈   眞讀
     念佛讃   淘八
     和 讃   回り口      次第六首
     五遍反
     回 向   世尊我一心
     百遍念佛

午前10時 前住上人御命日晨朝法要兼顕如上人御祥月逮夜法要
     文類偈   眞四句目下
     念佛讃   淘八
     和 讃   回り口      次第六首
     五遍反
     回 向   願以此功徳

10月26日   
午後 2時 如容院様御祥月逮夜法要
     正信偈   行四句目下
     念佛讃   淘五
     和 讃   回り口       次第六首
     回 向   世尊我一心

10月27日 
午前 7時 如容院様御祥月兼日中法要
     正信偈   草四句目下
     念佛讃   淘五三
     和 讃   回り口       次第六首
     回 向   願以此功徳
     百遍念佛 

午後 2時 宗祖聖人御命日逮夜法要兼 
      宣榮和尚御祥月逮夜法要
     正信偈   眞四句目下
     念佛讃   淘八
     和 讃   回り口      次第六首
     五遍反
     回 向   我説彼尊功徳事

10月28日 
午前 7時 宗祖聖人御命日晨朝法要兼
      宣榮和尚御祥月晨朝法要
     正信偈   真讀
     念佛讃   淘八
     和 讃   回り口      次第六首
     五遍反
     回 向   世尊我一心
     百遍念佛

午前10時 宗祖聖人御命日日中法要兼
      宣榮和尚御祥月日中法要
     文類偈   眞四句目下
     念佛讃   淘八
     和 讃   回り口      次第六首
     五遍反
     回 向   願以此功徳


本山へ上山する時と法要日程が重なった場合には、法要はありませんのでご注意下さい。
posted by choko at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月22日

お彼岸の参拝

お彼岸の期間中、毎日お参りに来られました。
法要後、法話を聴聞され
しばらく款談されて帰路につかれました。

9月24日にご葬儀が入り前々日の法要から
参拝者に24日の法要は中止の旨お知らせを致しましたから、
24日の参拝は無かったようです。

S__9216011.jpeg
posted by choko at 16:35| 日記

2020年09月19日

お彼岸にあたり奉納されました。

お彼岸にあたり、
N・Sさんが丹精込めてつくられましたジャンボカボチャを奉納されました。

お参りされた方がよく見える所にと言って
本堂浜縁にお飾りして行かれました。

重さは10sほどあるそうで、なんと宮代から自転車に載せて来られました。


S__9158687.jpeg
posted by choko at 08:11| 日記

2020年09月16日

古文書がたくさん出てきました。

ものすごい数なので・・・。

過日は、常護院殿眞高連枝直筆が数点、見つかりましたが、
今日は、「平尾御坊再建之儀」なるものが見つかりました。

早速、千葉県内の古文書解読者にお願いをして
読んで頂いております。

襖絵35枚も出てきまして、さっそく京都の経師屋に修復の依頼をしましたが、
1年以上はかかりますとのことでした。


IMG_5589.jpeg
posted by choko at 15:32| 日記

ご本尊の後光と台座を修復しました。

この度、本堂の阿彌陀如來様の
後光と台座の修復が終わりました。

修復に半年弱を要しました。

すべてのパーツが残っており、完璧に往時の輝きを取り戻しました。
しかし、台座は上卓の陰に隠れてしまい
参拝者からは判り辛いですね。と。

ホームページの宝什物→「本尊」→「1阿彌陀如來」の画像と
建造物→「境内建物」→「山門」の画像も
一新しますのでご覧下さい。


IMG_6339.jpeg
posted by choko at 08:22| 日記

2020年09月12日

眞徳寺の関連箇所を見ました

琢如上人十三回御忌法事記の中、
眞徳寺関連箇所を見てみました。

IMG_5617.jpeg

内陣四座   尾州  光明寺
同      越前  西光寺
同      越中  聖安寺
同      能洲  本念寺
内陣六座   三州  上宮寺
内 一座   越前  常敬寺
           式部卿

同六座    加州  専光寺
同      眞樂寺 宮内卿
同四座    濃州  眞徳寺
同三座    加州  勸歸寺
内陣毎座不闕 河内  願得寺
内陣四座   羽州  專稱寺

天和三(1683)癸亥年(みずのといのとし)
公共交通機関が無いにも関わらず、このページ記載寺院だけでも
これだけの全国の東本願寺末寺が出仕をしているのがみてとれます。

今でいえば
愛知県常滑市   福井県坂井郡    富山県高岡市   石川県羽咋市
愛知県岡崎市   福井県       石川県金沢市   岐阜県不破郡
石川県小松市   大阪府門真市    山形県または秋田県
から、上京されたという事です。
posted by choko at 21:50| 日記

2020年09月10日

淳寧院殿十三回御忌御法事記が見つかる

このたび、琢如上人(淳寧院殿)の十三回御忌御法事記が、
新たに見つかりました。
保存も良好です。

琢如上人は東本願寺十四世で、本年4月14日御祥月は
350年という節目でした。


十三回御忌は天和三年とあり、願證寺はまだ眞徳寺を名乗っていた時代です。
時の住職は教證院殿常榮法眼で、三十才の時でした。

西濃は当時濃州と言われていたのですが、この御法事記に
濃州眞徳寺と参勤出仕したと記されていました。

この記録の最後に
集会の僧侶 324人
来集の平僧 930人ばかり
年忌法要に集まられたと記されていました。

IMG_5532.jpeg
posted by choko at 18:37| 日記

2020年09月09日

常護院殿眞高連枝直筆の正像末浄土和讃がみつかる。

IMG_5638.jpeg


晩年の常護院殿眞高連枝直筆の正像末浄土和讃。

はっきりとした記録が見つかりませんので、何年に姫路御坊に
入院されたのかは判りません。

浄土和讃、高僧和讃が見つからないのが残念です。
posted by choko at 20:41| 日記

常護院殿眞高連枝直筆の式嘆徳文が見つかる

IMG_5629.jpeg

常護院殿は眞徳寺から願證寺に改号された住職。
祖父は長浜御坊大通寺の能令院殿一源連枝。
父は能令院殿の嫡男で城端御坊善徳寺の速滿院眞源連枝。

この私記嘆徳文を書かれたのは、明和四年とありますので、
三十二歳のときになります。


常護院殿眞高連枝は
晩年、平尾御坊願證寺から姫路御坊本徳寺へ入られました。
posted by choko at 19:34| 日記

常護院殿眞高連枝、若年期直筆の御轉鈔が見つかりました。

IMG_5633.jpeg



IMG_5634.jpeg


この御轉鈔は、常護院殿が若年の砌と記されています。
江戸時代の若年とは何歳頃なのか判りませんが、
今でいうところの十歳前後かも知れません
posted by choko at 15:08| 日記

改装中です。

ただいま、ホームページの改装中ですから、
一部閲覧できないこともあります。

しばらくご不便をおかけ致します。
posted by choko at 12:21| 日記

2020年09月03日

西濃二市四郡戦没者追悼法要

S__9158704.jpeg



新型コロナウイルス感染症対策を行っいながらの法要となりました。
そのため社会的距離を保ちながら参拝されました。

残念ながら当日欠席しますと、前もって御志納に来られた方がおられましたので、
なんとか全員が着席することが出来ました。

欠席者が多かったのと、距離を取っての着席ですから、
何となくさみしい法要となりました。


S__9158703.jpeg
posted by choko at 14:23| 日記